FAQ

一般タトゥーステンシルの紫色のインクmethyl violetと同じ色素で作ったインクジェットステンシルインクをエプソン Eco Tank プリンターに入れて専用紙にプrンとして、その結果物を転写作業するところにインクジェットステンシルの安着剤を塗り込んでプリントされたステンシルを皮膚に転写します。

インクジェットステンシルインクはエプソンEco Tankに互換できるように作られたインクです。

すべての Epson EcoTank プリンターモデルは使用ができます。

おすすめするモデルは

エプソン M2170 – スキャン/コピーができ、最大20ipmで強力な出力スピードと一番進んでいるプリンターヘッドシステムで精巧なプリントができ、プリンターを長期間に使わない場合ヘッド塞がりを防止します。無線&モバイルのプリンティングの支援をしております。


エプソンM1120 – プリンター機能のみあってサイズがコンパクトで、コスパ良い製品です。無線&モバイルのプリンティングの支援をしております。

いい、必ず新しいプリンターに使わないといけません。

他のインクと混じるとプリンターのヘッドが塞がって故障の原因になる可能性があります。

時々、ブラック&グレーと同じくブラックのみ使う方がいます。
ブラックのみ使うとしても必ず4つの全てのインクタンクにインクを入れてください。

プリントすることによって違いますが、4ozインクで約3000枚のステンシルがプrンとされます。

一般 A4用紙または草子紙も使えますが転写の場合、鮮明度が非常に落ちます。

インクジェットステンシル専用紙(Pacon Tracing Paper)の場合、アメリカでインクジェットステンシル専用でたくさんのテストを通じて精巧なステンシルが出るように特殊開発された製品です。

イメージは一般プリンターと同じ方式でプリントされます。黒色またはフルーカラーオプションを選択致しますと1つのタンクまたは4つのタンク全てからプリントされます。フォトショップと同じイメージ編集機を使って明暗、明るさ、大きさなどを調節して最高の結果物でテストをお願い致します。

紙にプリントされたステンシル、時間の制限なくいつでも使えます。

皮膚に転写されたステンシルは、作業者のスキルによって相違ですが既存のラインで作業したステンシル方式よりはインクジェットステンシルがもっと長く維持されます。転写されたステンシルを充分に乾燥し、転写される時間(3~5分)を待つともっと長く維持されます。

はい、可能です。しかし Stencil-prep® 製品はインクジェットステンシルインクでプリントしたステンシルがさらに皮膚に伝達できるように最適化されました。

このシステムは携帯用で設計されていません。しかし襲撃が最小化できるように車両で移動致しますと使用ができます。

Epsonの政策上、正品のインクでは無い場合にはA/Sができないので、正式A/Sはできません。

インクジェットステンシルインクは Epson EcoTank プリンターと互換できるように発売された製品です。弊社はアメリカ本社のインクジェットステンシルを韓国総括として販売しており、従ってお客様がお使いしたプリントに関しての A/S及び保障は別途の責任を負いません。

まず、インクの残量をご確認した上、インクの残量が足りない場合は満たしてからプリントしてください。

インクの残量が十分であれば、ヘッド掃除とノズル掃除をしてください。

掃除する時、長い時間をかけてヘッド掃除やノズル掃除をする場合にはプリンター機械に無理がかかるかもしれませんのでご注意ください。